公益財団法人JKA

2021年度
公益事業振興補助事業 新型コロナ緊急支援整備事業の決定

この度2021年度競輪公益資金による体育事業その他の公益の増進を目的とする事業に関する補助金の交付が決定しました
2021年度第1回新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に対する支援事業一覧
【概要】公益財団法人JKA2021年度新型コロナウイルス感染症の拡大防止策補助事業
【広報】公益財団法人JKA2021年度新型コロナウイルス感染症の拡大防止策補助事業

2021年度
公益事業振興補助事業 「福祉車両の整備」の支援(第2回)の決定

この度2021年度競輪公益資金による体育事業その他の公益の増進を目的とする事業に関する補助金の交付が決定しました
2021年度「福祉車両の整備」の支援(第2回募集)事業一覧表

調査研究等の報告


 報告様式(ワード) 研修(出張)報告
出張命令(精算)書 B5版
会議録
稟議書
相談の記録
ヒヤリ・ハットレポート
事故報告
事故報告(福山市)

*新型コロナウイルス感染症の発生について

<R4年5月発生>
【第1報】
・みゆき広場の職員1名が2022年5月17日(火)に体調不良の為医療機関を受診し検査を行ったところ、新型コロナウイルス感染症の陽性と判明しました。判明を受け障がい福祉課に連絡。職員の接触状況等を確認し保健所に連絡。現在、保健所からの指示を待っている状況。
 
  発症日:2022年5月17日(火)
  検査受検日:2022年5月17日(火)
  陽性と判明した日:2022年5月17日(火)

【第2報】
・5月17日(火)に保健所へ報告した、陽性が判明した職員との接触状況を踏まえ保健所にて確認作業を行った結果、12名(利用者様11名・職員1名)が接触者として該当するとの連絡を受けました。

〈接触者に関する保健所からの指示〉
〇最終接触日の翌日より7日間の健康観察(自宅待機等の指示無し)
〇検査を行う際は、最終接触日を含め4日後に行う事

以上の指示を踏まえ、みゆき広場は通常営業とし、接触者に該当した利用者様(職員同様)については5月24日(火)まで御家族様にもご協力いただきながら健康観察を行っていくようにし、5月19日(木)にみゆき広場にて抗体検査キット(唾液タイプ)を使用した抗体検査を実施する予定にしております。

〈陽性が判明した職員について〉
現在広島県フォローアップセンターと連携しながら自宅療養を行っております。

自宅療養期間:2022年5月26日(木)まで

【第3報】
5月19日(木)、みゆき広場にて抗体検査キット(唾液タイプ)を使用した抗体検査を実施。利用者様9名が受検し9名とも陰性が確認されました。

  検査実施日:2022年5月19日(木)
  検査方法:抗体検査キット(唾液タイプ)を使った検査
  受検者数:利用者様 9名
  結   果: 陰 性(9名)

検査を行っていない2名の利用者様については、健康観察期間内は自宅にて健康観察を行う対応を取られるとの事からみゆき広場をお休みされております。5月19日(木)現在体調不良等の報告はありません。

接触者となっております1名の職員につきましては、自宅にて抗体検査キット(唾液タイプ)を使用し検査を行った結果、陰性が確認されました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【別件事案:5月19日(木)確認】
2022年5月15日(日)に職員1名の御家族の方が新型コロナウイルス感染症の陽性となり、濃厚接触者として5月19日(木)まで出勤を取りやめ、自宅待機を続けておりました職員1名が5月17日(火)に頭痛と微熱の症状が現れ、5月18日(水)に受検したPCR検査の結果、5月19日(木)に新型コロナウイルス感染症の陽性が判明しました。

今回陽性となった職員1名の最終勤務日は5月13日(金)であり、第1報で報告しました職員1名の感染との関係性は無く、無関係であり別件事案となります。

また、最終勤務日以降の出勤はなく利用者様との接点はありません。

   発症日:2022年5月17日(火)
   検査受検日:2022年5月18日(水)
   陽性と判明した日:2022年5月19日(木)

職員は、5月17日(火)より自宅待機期間から10日間の自宅療養期間に切り替わります。
   
   自宅療養期間:2022年5月27日(金)まで

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【第4報】
令和4年5月に新型コロナウイルス感染症の陽性と確認されました職員2名は、5月30日(月)より出勤いたしました。その他、本日まで発症者並びに体調不良者はいないため令和4年5月発生の事案は終息とします。


<R4年3月発生>
【第1報】
・みゆき広場の職員1名が2022年3月24日(木)夜に発熱し、2022年3月25日(金)新型コロナウイルス感染症の陽性と判明しました。障がい福祉課へ第1報を入れて指示に従っております。

  発症日:2022年3月24日(木)
  抗原検査受検日:2022年3月25日(金)
  陽性と判明した日:2022年3月25日(金)

【第2報】
・保健所から連絡があり、感染職員は4月3日まで自宅療養する。事業所側にも連絡があり、対策を取っていたため濃厚接触者なしで、体調に変化がないか経過観察で良いとのこと。また、施設側でガイドラインを作成し濃厚接触者扱いをする方を特定していることについては、その扱いで良いとの見解を受けています。


【第3報】
・3月26日(土)利用者様1名が発熱嘔吐し、27日(日)PCR検査を行い、28日(月)に陽性を確認しました。

  発症日:2022年3月26日(土)
  PCR検査受検日:2022年3月27日(日)
  陽性と判明した日:2022年3月28日(月)
・障がい福祉課と保健所へ一報を入れています。保健所からご本人へ4月5日(火)まで自宅療養するよう指示が出ています。

【第4報】
・2022年3月28日(月)に保健所から連絡があり、利用者様3名と職員1名が濃厚接触者に該当しました。利用者様3名については3月29日(火)にPCR検査を行うこととし、4月1日(金)まで自宅待機すること。職員については3月30日まで自宅待機し、3月29日(火)・30日(水)の抗体検査で両日陰性なら3月31日(木)より出勤可能ということになりました。

【第5報】
・2022年3月29日(火)に濃厚接触者の利用者様の内2名がPCR検査と抗原検査を行い、1名は陰性でしたが1名は陽性を確認しました。陽性となりましたご本人は、2022年4月8日(金)まで自宅療養するよう保健所より指示が出ています。
・陽性となりました利用者様との接触状況について保健所に確認し濃厚接触者に該当する方については連絡済み。濃厚接触者に該当された方は、2022年4月4日(月)まで自宅待機するよう指示が出ています。

  発症日:2022年3月29日(火)
  PCR検査受検日:2022年3月29日(火)
  陽性と判明した日:2022年3月29日(火)
・濃厚接触者の状況を踏まえ、障がい福祉課に連絡。みゆき広場を2022年4月4日(月)まで休業とします。

【第6報】
・2022年3月31日(木)に濃厚接触者の内利用者様1名がPCR検査行い、4月1日(金)に陰性を確認しました。

【第7報】
2022年4月1日(金)職員23名が、広島県事業所PCR検査を受検
・2022年4月2日(土)検査結果通知 
 検査結果:陰性(職員23名)
・2022年4月5日(火)より通常営業を開始致しました。



<R4年1月発生>
【第1報】
・2022年1月19日(水)みゆき広場の利用者様1名が新型コロナウイルス感染症の陽性と判明しました。障がい福祉課へ第1報を入れて指示に従っております。
・1月20日(木)より臨時休業とさせていただき、建物内の消毒などを行いました。
  PCR検査受検日:2022年1月19日(水)
  陽性と判明した日:2022年1月19日(水)

【第2報】
・1月20日 (木)・21日(金)に全職員のPCR検査を実施し、1月22日(土)に5名・23日(日)に20名、全職員の陰性を確認しました。
・1月21日(金)新たに利用者様1名が発熱の為PCR検査を行い、22日(土)に陽性を確認しました。
  PCR検査受検日:2022年1月21日(金)
  陽性と判明した日:2022年1月22日(土)
・保健所の指導により1月24日(月)・25日(火)に全員(職員・利用者様)のPCR検査を行い、全員の陰性が確認された後に開所いたします。

【第3報】
・1月24日(月)にPCR検査を実施した職員20名と利用者様11名の陰性を1月26日(水)に確認しました。


【第4報】
・1月25日(火)にPCR検査を実施した職員5名と利用者様10名の陰性を1月27日(木)に確認しました。よって全職員25名の陰性が確定されました。

【第5報】
・1月23日(日)・25日(月)にPCR検査を実施した利用者様2名の陰性を1月28日(金)に確認しました。

【第6報】
・1月27日(木)にPCR(鼻咽頭)検査を実施した利用者様6名の陰性を1月29日(土)に確認しました。その後も陽性者は出ておらず、これで、その他全員の陰性が確認できましたので、保健所のご指導頂いた通り1月31日(月)から開所致します。
・関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかしたことを深くお詫び申し上げます。当法人では引き続き障がい福祉課及び保健所のご指導の下、利用者様及び職員の感染防止と安全確保を最優先に考え、障害福祉サービスを提供いたします。