サンプル

拡張子がphdのファイルはページとページ内アイテムをファイルにしたものです
リスト右クリック>ファイル>ページを開くで開けます。現在のページに上書きしますのでご注意ください
リスト右クリック>ページの追加&変更からページが追加できます
サンプルにバージョン(ver)がある場合必ずそれ以降のバージョンで開いてください

キー同時押し ver3.8.5 sp01.phd
テキスト編集作業時指をホームポジションから離さず作業できます
コピー貼り付けBackSpaceDelete
C=VV=BB=ND=FH=JU=IJ=KN=M

選択文字Google検索
http://www.google.co.jp/search?q=$CP editing="s//$E8EU0/;"$
上の行をコピー>編集(ホイールクリック)>名前に選択文字Google検索を入力>拡張文字をチェック>テキストをリンクに>OK

選択URL開く
$CP editing="m/ttps?:\S*/h$0/;"$
上の行をコピー>編集(ホイールクリック)>名前に選択URL開くを入力>拡張文字をチェック>テキストをリンクに>OK

選択テキスト編集
&<>置換え
$CP editing="s/&/&amp;/;s/</&lt;/;s/>/&gt;/;"$
改行前に<br>挿入
$CP editing="s/<br>\r\n/\r\n/;s/\r\n/<br>\r\n/;"$
Tab区切りのテキストをHTMLのtableに ver3.8.5
$CP editing="s/(.*?)(\t|(\r\n))/<td>$1<\/td>$3/;s/.+/<tr>$0<\/tr>/;s/[^\x00]+/<table border>\r\n$0<\/table>/;"$

タスクバー上のマウスジェスチャーでタスクマネージャー起動
リスト右クリック>新規作成>名前にタスクマネージャー>テキストをアプリに>その下にtaskmgr.exeコピペ>マボタンクリック>情報取得クリック>
アイコンをドラッグしてタスクバー上でドロップ>親クラスクリック>R↓↑R↑などお好きなジェスチャー入力>OK>OK
領域を指定することでスタートボタンや通知領域では違うアプリを起動も可能

マウスジェスチャーの領域で画面四隅
領域を画面にしポインタを四隅に合わせClrlキーを押して放すと設定できます
また四隅でマウス操作を要求するアプリがない場合
tポイント待機、L↓L↑左クリック、R↓R↑右クリック、M↓M↑ホイールクリック、H↓ホイール戻る、H↑ホイール進む
など簡単なジェスチャーも割り当てられます