☆ このサイトについて ☆

[はにぃ] ここは蘭死郎の個人サイトです。当人の興味の赴くままの話題に関して気の赴く儘に情報発信を……するつもりで開設したのですが、いやまあ更新が滞り滞りで、長らく放置してしまいまして。どうもこのスタイルは性に合わないらしい。
 ということで心機一転。こまめな更新はブログの方に譲るとしまして、こちらの内容はあんまり弄らない形で行こうと。うん。

 『まやくごはん』なるタイトルについて。関東で『かやくご飯』なんて言うと『なんだ、メシに火薬? 物騒だな』ってな印象ですけども、西の方の言葉で『五目ご飯』の事ですわな。そこらの(関東人には)些か奇異に聞こえる響きと『麻薬』という、どうもこの国では定義がはっきりしなくてイイカゲンに扱われている単語を混ぜくって諧謔めかしておりますが、実際のところただの駄洒落です。ええ(苦笑)。

 内容について。自己紹介のページにも書いてあるので重複は避けますけども、僕の興味がどこら辺りに向かっているかというような点、箇条書きにしてみますと――

 ……等々。それぞれが微妙に絡み合ったりしています。以下それぞれについての解説。
インド
 東南アジアも好きだけど、インドはなんだか心の故郷という感じ。最近はあっちへ“帰る”暇と金もないですが、最期はやっぱりガンガーの近くで死にたいにゃあ。
日本語
 日本語ブームとか言われてから結構長いですけども。誤字誤変換はまだ良いとしても、おかしな文章表現や言葉遣い等が気になる昨今。年をとった証拠のようでいて、じつは子供の頃からそうだったので仕方がない。
語学・言語学
 語学はサンスクリットやらタミル語やら独習中。かじったことがあるのは中学時代に現代中国語(北京話)を。大学の時の第二外国語の選択は仏語。どっちもほとんど忘れちゃってます。英会話はバックパッカーが泊まって食事して買物して移動するのに困らない程度の実力(ほとんどダメじゃん)で、文章英語ならオンライン辞書と首っ引きでなんとか。だからって訳じゃないけど、英語が事実上の国際語になってる今の状況はイヤ。
 でも発音とか文法とか文字とか各言語の歴史的変遷なんかには凄く興味があるのです。
 そんなわけで各国語の学習書や辞書を無意味にコレクションしたりして。現在、古典ギリシャ語の辞書が欲しかったりする(高くて未だに買ってない)。
バカカード
 詳しいことは日バのサイトなどをご参照ください。
科学技術
 宇宙とか化学とかナノテクとかの、最先端の辺りには興味がありますね。SFのネタとしても。ただ、どの分野も素人なもんで昨今は理解が追い付かないことも屡々。門外漢にも分かり易く解説してくれる新書の類は有難いですな。
宗教・オカルト・心理学
 “オカルト”って言うとUFOだネッシーだ雪男だっていう『現代科学の常識からハミ出したモノ』をゴッチャにして言う場合もありますが――まあ、そういうのも興味ないわけじゃないけど――どっちかというとオカルティズム《神秘主義》ってほうね。
 しかし『今の科学で全てが説明つくわけじゃない』というのは或る意味正しいんだろうけど、かと言って本当に説明がつかないと思えるような事例も稀だよねえ。というスタンスで、オカルト信奉者ではなく限りなく懐疑論者なんですが。
ドラッグ
 向精神性薬物。大麻取締法は間違ってると思うが、面白半分で何にでも手を出す阿呆がいる現状では仕方がないかなと思ったりも。取り締まるほうも捕まるほうも無知と偏見の塊では、なにを言っても虚しい気がしますが。まずは正しい知識を持つべきだと思うのよ。
アニメ・漫画
 好き嫌いは激しいですよ。漫画は雑誌読まないんで、ほとんど単行本でしか買いませんが。今時は『萌え~♥』なんぞとキャラクターに入れ込むとゆーのが流行りみたいになってますけど、気持ちはわからんでもないがそこまでは。寧ろ作品のバカさ加減とかマニアックさで評価する方向で。
パソコン&周辺機器
 パソコンと名の付くモノとは、コモドール社の“VIC-1001”からの付き合いです。って今の若者は知らんだろう。まあいいや。そのへんから歴史を語ると長くなるんで。
 それ以前はアマチュア無線方面だったんですが、その頃から口下手だったもんで挫折しました。んで機械そのものの方に興味が移ったのね。
 思えばこうやって文字で大勢の方とコミュニケーションできる時代って、喋るの苦手な身としては楽園のようです。それはともかく。
 自作PC&タブレットが無いと夜も日も明けない生活してますし。仕事も遊びもこればっか、ですね。
音楽
 歌は好きだけど鼻歌程度。いやカラオケ奢ってくれる人がいれば喜んでついてくけど。
 ちゅーわけで、専ら聞くほうね。でも流行りモノは殆ど興味ないので、特定のアーティストに入れ上げたりCDでインド音楽聞いたりしてます。
 楽器については横笛ちょっと弄ってます。インドのバーンスリー。まだ技術的には小学生がリコーダー吹き始めたレベルですけども。ちょっと楽しくなってきた感じ(笑)。
文芸創作
 おこがましいので最後に持って来ましたが。別のページにある通り。
 ……という感じですか。

 あと、そこここに見える壁紙やグラフィックは、いちおー著作権手放してませんので無断で使ったりしないよーに。特に雑誌など活字メディアの人、載せるならメールでご一報くださいよ。よほど変な扱いでなければ断らないと思いますんで。ま、こんなサイトを載せる酔狂な本もないとは思うが。
 あ。リンクとかはもう無断でもOKです。そちらもメール戴ければ嬉しいですけどね。相互リンクも考えますんで。

 製作は Windows XP 上で、主に WZ Editor 7(市販テキストエディタ:(株)WZソフトウェア)と D-Pixed(フリーウェアお絵描きソフト:DOIchan! 氏作)、それに壁紙Maker Pro(メールウェア:tomo氏&むっちゃん作)を使いました。

(2013年7月13日更新)


[トップページへ]