夜を飛ぶ翼


  今でも君のことを思い出す

  目を伏せて 哀しそうに

  微笑んでいた君の横顔

  細い手脚が夜空に溶けて

  消えていってしまうよ



   悲しい夢を反芻する獏の群れ

   眠れない夜を過ごす羊たち



  今も 君が 好きだ

  その瞳が 鼻筋が 口許が

  長い髪と項が

  子供のように瞳を輝かせてはしゃぐ君

  ふと恥ずかしげに頬を染める君

  口づけを交わすときの睫毛の様子



   蝶の夢を見る人と

   人の夢を見る蝶と



  今も あの楽しかった頃

  二人の時間を夢に見るよ

  でも夢の終わりには

  君が何処かに消えてしまうか

  二人とも死んでしまうんだ



   夜 微かに光る天使の卵

   殻の中で夢見る白い翼



  こんなにも世界は平穏

  僕の前に君はいないのに

  こんなにも世界は平穏

  それが悔しくて



  もっと深く眠ろう

  君どころが 僕が何者かさえも

  忘れてしまうまで


 この号にて『詩芸術』は一旦休刊となる。この前の号の交流欄に、甲府の岡田正之さんという人から(僕を含めた五名宛に)ファンレターらしきものが投稿されていたものの、返事もできず仕舞い。
 生活の環境も変わって、これが一つの潮時というか、以来あまり詩作をしなくなった。惜しい、かな。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る]