水売りの夢


  "Hemm seeyaah"

  市場スークからの帰り道

  チャドルを纏った娘が言った

  土の家の並ぶ片隅

  熱い砂漠の街角で



  "Hemm seeyaah"

  吸気音の発声

  不思議な異国の言葉

  「ありがとう」の意味だと

  ベールの下 彼女の連れが言う



  伏し目がち 長い睫毛 黒い瞳

  素焼きの杯 手渡す細い指先

  陽炎の中で出会った淑女

  砂に掻き消える蜃気楼か



  「ヘム・スィーヤー」

  「ヘム・スィーヤー」

  何度も繰返してみるが

  僕には上手く話せない

  マホメット以前に死に絶えた

  もう地上には残っていない言語



  あれから一度も

  彼女たちには会っていない


 タイトル通り夢の中の出来事。妙にリアルだったので、その言葉は目覚めてすぐ書き留めた。
 『ヘム』で息を飲むような感じに吸いながら音を出し、『スィーヤー(ハ)』とゆったり吐き出す感じ。後半、アクセントは『ヤ』の上。ほんとに難しい。
 果たして息を吸いながら発音する言語が実在する(した)のか、僕は寡聞にして知らない。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]