天楽


  天空の音楽に包まれて

  君は僕で 僕は君だった

  風に乗って漂うまま

  いつしか僕らは地上を目差す



  青空の中を落ちる速度スピード

  雲の波間を突き抜けて

  二つに分かれた僕達は

  遠い所で産声を上げる



  あれから千年

  生まれ変わり 死に変わり

  やっと互いの半身にまみ

  二つの魂は歓喜に震えた



  君のいない孤独の歳月は

  今となっては堪え難い記憶



  たとえあの空へ帰れなくとも

  もう離れない 離さない

  君を 君だけをしっかりと

  この腕に掴まえていよう



  地上の億年も一瞬の夢

  そして耳を澄ませば

  ほら 今も響いている

  あの天上の音楽


 生まれ落ちる前、たしかに僕たちはそこにいた。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]