あんなにオカシなものが

  山の上に浮かんでいるよ



   ほ ほ は ほ

  ほ は ほ ほ

   ほ ほ は ほ



  黄色い黄色い闇の中

  僕と 僕じゃない誰かとが

  ちか ちか ちか 入れ換わる



  約束の時が来る

  落ちる 落ちる 落ちる アア

  空から仲間が降りてくる



   僕じゃない!

    僕じゃない!

     僕じゃない!



   ほ ほ は ほ

  ほ は ほ ほ

   ほ ほ は ほ



  あんなに奇妙なものが

  天からブラ下がっているよ


 変だよね。月って。
 評では『作者らしい月の造型』だけど『ほ ほ は ほ』の羅列の節は一回で充分と。
 やはり自分の中のリズムやメロディまでは文字からは伝わらないのだ。ちなみにこれは、たまたま聞いて耳に残ってたラジオのジングルを音に直したもの。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]