Maya


  「なぜ 声をかけてくれなかったの?」

  「だって 答えてくれるとは

   思わなかったもの」

  姿も 形も 生き方も

  あまりに違いすぎたので

  互いに気付きさえせず

  行き過ぎていたかも知れない二人



  「以前まえにもこんなことが」

  「うん あった気がする」

  相手がいなかった時を 二人は

  もう思い出すことさえできない

  忘却はエリクシール 甘い恩寵



  そして永い夢の微睡まどろみ

  時間ときは二人の身体を朽ち果てさせ

  二十万の日が二十万の夜と入れ替わり

  四百億の年が新たな四百億に埋め尽くされ

  同じカトゥン 同じハアブ 同じツォルキン

  その時二人は再び出会う



  「なぜ 声をかけてくれなかったの?」

  「だって 答えてくれるとは

   思わなかったもの」

  巡る日月じつげつ 巡る星辰

  数百の時を隔て

  幾度となく繰り返されるこの日 この時



  「以前まえにもこんなことが」

  「うん あった気がする」

  再びまみえる喜びのために

  幻影マーヤーの中に全てを忘れ───



  忘却はソーマ 神々の甘い恩寵


 '91年特集テーマ[予感]への応募作。
 古代マヤとインドの幻影マーヤーを懸けてる訳ね。永劫輪廻、円環的時間の話。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]