雑踏と星々


  今日 僕は一つの天体

  街を運行する



  長い髪の帚星が行き過ぎる

  半ズボンで駆け抜ける小惑星

  重厚な赤色巨星に

  群れ集いさざめく星団

  老成のブラックホールを横目に

  銀河の饗宴に紛れ込む



  都市とは宇宙の異名か



  辺りは冥い

  冥い虚空の深淵


 というような想い。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]