僕の観世音経


  観世音は観音より出で

  観世に向かわねばならない

  小悟小覚より大悟大覚へ

  菩薩より仏へ



  自らを救う事即ち世を救う事である

  僕という菩薩は一つの過程である

  観世音とは僕自身の時空的記述に外ならない

  高みへ 頂きへ 世界を見渡す場所へ



  この末法の世にあって

  五十六億七千万年を経ずして すでに

  弥勒の兆



  全河は海へ還る

  全ての流れはその源へと

  向かわねばならない



  OMオームの一音に陰と陽と 遍き世を観る

  宇宙の内の全てに 宇宙の全てを観る



  人に因れば偏 道に因れば遍

  アートマンブラフマン

  偏在は遍在の異名である

  僕は宇宙だ



  釈迦は言葉に拠らず 僕は言葉で語る

  それは詰まる所 同じ事なのだ


 不遜なこと言ってますけどね。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]