治療


  僕達の見る夢が

  突拍子もない論理で成り立ってるように

  この現実から醒めた時

  僕達の物理や化学は

  およそ馬鹿げたものなのでしょうね



  それでも外側の事象とは

  何かしら辻褄が合っていて

  化学者の臨床データに基づいて

  物理学者が仮説を作り

  それが治療に役立つのですね



  今僕がいる診察台は

  どんな色 どんな形をしてたっけ


 これも、いま経験している現実の裏に真の世界があるに違いない、という観念からの作品。なにが本当かなんてわかんないもんねぇ。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]