小舟の上


  宇宙の構造を知っている

  世界の繋ぎ目が見える

  僕は誰?

  それは僕であって

  宇宙自身であった



  一晩に数千億の時を越え

  喜びと苦しみの狭間を通り抜けた僕は

  世界の形を保つ事

  人間で 自分で在り続ける事が

  どんなに難しい事であるかを知った



  綻び解れた時空の破片かけら

  生の希求のみを恃みに再構成され

  再び僕は戻って来た

  脆くとも掛替えのない肉体の殻の中に



  波に揺られる小舟のような

  この物質世界だけれど

  人が人として為すべき事は

  全てこの内に在る



  美しき 素晴らしき

  愛すべきこの世界に

  祝福を


 '89年末の特集テーマ[波]への応募作品。
 この元になった体験は、映画『アルタードステイツ』をご存知ならそれが一番近い。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]