此の現実ばしょ


  見ている

  聞いている

  触れて 嗅いで 味わっている

  感じている ような気はするけれど

  みんな嘘じゃないだろうか



  例えば 音を聞きながら祭りの日の

  風の夜は寒い国の夢を見るように

  現実に見ている と思っている此れは

  自分で造り出した事ばかりで

  本当の僕は

  何処か遠い所に居るのではないか

  夢を見ているんじゃないか

  そんな気が する



  何処か遠い場所で

  現実こっちの僕が忘れた顔の*lが

  忘れてしまった人たちの話し声や

  物音や音楽や動物の聲を聞いて眠り

  夢を見ているんじゃないだろうか

  永い永い夢を





  でも そうだったとしても

  少なくとも僕は

  見ているし 聞いているし

  触れ 嗅ぎ 味わっている

  それ以外の何でもなく

  こうしている

  今 此処で


 この世界がニセモノだとしても、この現実という′o験は、少なくとも自分にとっては本物である訳ですよね。当たり前のようだけど、そういうこと。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]