ダルレイク観想


  ハウスボート

  水に浮かぶ家

  湖の浅瀬に

  蓮の花が咲いているよ



  オーム・マ・ニ・ペー・メ・フーム

  華の中には

  観音様が御座します

  曼荼羅を描き出す



  自身も蓮華座に直る

  と 窓からは

  山脈が雪を被り

  遠く聳えているのが見える



  見る間に視界は拡がって

  周り中の高山が一時いちどきに目に入る

  家の中に居ながら 山々の内と外

  世界中が手に取るように見渡せる



  ふと 今いた方を振り返ると

  舟の家は静かに湖水に浮かぶ

  そしてこの宇宙も 静かに

  水面みなもに浮かんでいるらしく観ずる



  舟こそ我が家 万象は

  粛々と湖水に揺蕩う

  オーム………


 評には『とても面白い詩』だけど、五節目の『らしく観ずる』は余分とか書かれていた。今読むと確かにそうかも。
 これはシュリナガルのダル瑚に浮かぶ、おんぼろハウスボートに泊まった時の情景。本当に蓮が一面に咲いてたしぃ。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]