嗜好


  ワインを味わいながら

  アシッドバングのことを考えるのは

  恋人を抱きながら

  他の女性の事を考えるようで

  幾分後ろめたい気になる

  それでも僕は彼女たちが好きだ



  しかし意地悪なこの国の政府は

  僕達の交際を禁じているので

  従順な僕としては

  七夕の星のように 遠くで想いつつ

  ワイングラスを傾ける



  グラスの底では

  赤い液体が

  媚びた笑いを浮かべて揺れる

  淑やかな恋人と見えたのは

  国営遊郭娼婦と気付く



  上品を装ったアルコールの香りよりは

  麻の葉の野生が懐かしい

  一人の夜だった


 評では『上手にまとめられて、言葉も読みやすく選ばれています』だって。
 内容については言及されてないのよね。いーか☆


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]