妖精


  逢魔 丑三つは疾うに過ぎ

  東天白み始める其の刹那

  闇に紛れていた天使や妖霊ジン 使い魔たちが

  煙のように 白い輪郭を残し消えて行く

  天上の一瞬が 地の底の数千年が

  此の地上でまみえる時



  歌声も呪文の響きも消え

  静寂が光に姿を変えて行く

  人々の夢の泡は

  或は弾け 或は地の果てへと流れ去る

  仲間の退いた後

  一人残った明星が名残を惜しんで瞬く



  君は何時いつからか

  夜明けに取り残された妖精フェアリー

  天使に貰った歌と悪魔が呉れた囁きで

  僕の心を掻き乱し 張裂けそうな鼓動

  其の肌の輝きに刺され

  僕はもう何も見えない

  君の姿の他には何も───



  君が好きだ 大好きだ

  此の世界中で 一番

  悲しい程に 泣きたい程に

  君は素敵だ 死ぬほど素敵だ

  どうしようもなく可惜いとおしい君



  今日も又 一睡もせず朝を迎える

  夜明けが怖いのは 君が

  光と共に消え去ってしまいそうだから

  ああ 僕の妖精 どうか どうか

  いつまでも此の地上から 僕の目の前から

  いなくなってしまわないで


 まっとうな、気恥ずかしいような恋愛詩に見えますな。
 高校生くらいの時の気持ちだっけな。これは。


[トップページへ] [ひとつ上のページへ] [前に戻る] [次に進む]