OSHO INSTITUTE : 関西瞑想会





宗教的な人物
スピリチュアルな人とは
存在は問題あるものではないという事実を理解した人のことだ
存在は神秘に満ちている
奇跡に満ち満ちている
存在の中へ飛び込んでごらん
それをお祝いにしてごらん
お祭りにしてごらん
唄い、踊り、愛し、祈り、絵を描き
音楽を作り出してごらん
だが、いいかな
存在を解こうとしてはいけない

OSHO

 

音楽を聴いたり、音楽に合わせて踊ったりするだけでなく
実際にひとりひとり持ち味の異なる大勢の旅の仲間たちと
ハートダンスの時のような感覚で
音楽をクリエイトすること自体をエンジョイしたら
さぞや面白かろう、という思いのもとに
神戸で音楽のワークショップ 
Colors of Creation を催すことになりました

ちなみに Colors of Creation という題は
Poona 1 時代の名曲の名前から拝借いたしました
愚訳すれば
あなたの色、私の色……色々な色が組み合わさって出来上がる作品
といったところでしょうか

さて、最近、「興味があるのですが、実際にどないなことをするの ?」
といった主旨のメールを幾つかもらいました
どうやら説明不足だったようです

ということなので
この場をかりて、なるべく簡潔に説明しようと思います

音楽とは、本来、字義通り「音を楽しむ」もの
至極、シンプルです
ところが、「一緒に音楽しませう」と言われると
音楽教育の「成果」なのでしょう
大概の人は、えェ〜自分にできるしらか ? とか
下手くそだからな〜とか、音痴だから〜とか
腰が引けたり、緊張で固まってしまったり……しませんか ?
無論、私もそのひとりです
これでは、音楽ではなく「音苦」です

このワークショップは
そうした悪しき音楽教育を受ける以前の自分
則ち、少々ワイルドな自分に今一度、戻りまして
音作りを楽しみませう、というイベントです

ルールはシンプルです
上手い、下手はどうでもいいことです
なるべく曲がビューティフルになるように、リッチになるように
自分の音を曲に「参加」させること
そして、何よりも大切なのが
音作りを心から、全身全霊で楽しむこと、です



                   

音楽が好きなら、それで十分
歌うこと、踊ることが好きな人なら、誰でも参加できます
音痴だと思っているあなたも是非、参加して下さい
一緒に音作りをエンジョイしましょう

楽器はある程度、用意しますが
ギター、笛、キーボード、各種打楽器 (カスタネットでもOK)
どんな楽器でも構いません、持っている人は持参して下さい

前回の参加者の声

 

 

 



   ページTop へ