稽古日時 少 年 部 火曜日・木曜日 午後7時30分〜午後8時30分
一 般 部 火曜日・木曜日 午後7時30分〜午後9時00分
指導部・一般 土曜日(随時) 午後6時00分〜午後8時00分
少年部 10級〜9級 受け身・礼節・基本動作を中心に稽古します
8級〜7級 基本動作・終末動作と代表的な基本技を稽古します
6級〜5級 正面打ち・片手持ち等の基本技を稽古します
4級〜3級 突き・横面・肩持ち・胸持ち等の基本技・基本応用技を稽古します
2級〜1級 上記に加え、自由技・基礎体力の強化を図ります
初段〜弐段 自由技・応用技を中心に稽古します
一般部 初心者 受け身・礼節・基本動作・終末動作を中心に稽古します
初級者 上記に加え、代表的な基本技を中心に稽古します
中級者 あらゆる基本技を中心に稽古します
上級者 基本技からの応用技・自由技を稽古します
有段者 本格的な合気道の稽古となり、上記に加え護身応用技・武器対処技等、より高度な稽古・研究をします
昇   級
昇段審査
3月・6月・9月・12月の年4回行います。ただし、受験資格に必要な稽古時間に達していない場合、いかなる場合も受験出来ません
編入審査 少年部より一般部に編入する場合、実力に応じて本部規定の編入審査を受けることが出来ます
    
剛柔会館
審査受験

資格規定
骨   子
9〜10級 構え、基本動作を習得した者
6〜 8級 構え、基本動作、指定の基本技法を習得した者
4・5・6級 構え、基本動作相対、指定の基本技法を習得した者
1〜 3級 指定の基本技法を習得し、一応の応用能力のある者
初   段 1級取得後3ヵ月以上経過し指定の基本技法を正確に実施でき、相当の威力を発揮できる者
弐   段 初段得後1年以上経過し(抜群者を除く)基本技法に習熟し、相当の応用能力を体得した者
参   段 弐段得後2年以上経過し(抜群者は1年)技術に習熟し、相当の応用能力と指導能力を体得した者
下部に稽古風景があります。クリックすると拡大します。